0704090003.gif

このBlogは、管理人・クロイツェルの、ガンホーの
ハートフルオンラインRPG・エミルクロニクル
における色々な色々を、気の向くままに
書いてみようかな、とまあそういうページです。

メールアドレス変わりました。よろしくー!


(C)2006 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc.,/HEADLOCK Inc.,
このページ内におけるECOから転載された全てのコンテンツの
著作権につきましては、株式会社ブロッコリーと
ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
および株式会社ヘッドロックに帰属します。
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用
(再転載・配布など)は、禁止しています。

ご連絡はこちらまで〜 kreutzer000@jcom.home.ne.jp

2009年12月10日

ぜんぜん似てない羽親子

まずは情報。今週末の「GARDENS」については前回も告知しましたので省略しまして、と。しかし毎回こんなことかいてると効率悪いですねえ。次の機会からは、横着せずに専用の告知スペースでも作るかなー。

それはそれとしまして、まず一つ目。いよいよ残り一週間に迫りましたSAGA10、その特設ページが出来上がっています。こうして改めて見ると、DEMの特性はずいぶんと他の種族に比べて違いますねえ。なかなか面白そうです。マシナフォームは基本的に課金アイテムという話も聞こえていますが、でもいくつかは買いますよ。フォイリヒセットは間違いなく購入、後はなにがいいかなー。ケンタウロス・レオーネ・アーリア・エトワールあたりが気になるところですが。

二つ目、本日より新くじ「アニバゴージャス」が発売になりました。人気の高いアイテムのリニューアルモデルばかりという、その名のとおりゴージャスなくじですね。しばらくくじは引く気なかったけど、これは欲しいなあ。引いちゃおうかな?


さて、本題は前回の続きです。タイタニア世界への入り口を探すことになったフイユ君。現状でいけるタイタニア界といえば、そう、ECOタウン! 早速行ってみました。
ちなみに今回は前回よりきちんと台詞撮ってますが、それでも省略したり撮ってなかったりですっ飛ばす部分はございますのでご了承を〜。

 
タウンに着いて、さて、何をしましょう? とりあえず人と話してみましょう。すると……

091210_01.jpg
おお、ハーシェルさんの反応がいつもと違いますよ? このまま追っかけてみましょう。ところでここの台詞、女の子相手だとどうなるんでしょうね? そのうち試してみよっと。

091210_02.jpg
追っかけてみると、噴水の前で暇してました。さらに移動するので、引き続き追跡〜。すると今度は……

091210_03.jpg
…………なにやってんだこのオヤジはー。えーい、邪魔しちゃえー。

091210_04.jpg
あ、逃げた。まかせる、じゃないよー。とりあえず追いかけましょう。
尚、女の子の場合は女子更衣室でイベントが起こるらしいですよ。

091210_05.jpg
その後、クジラ岩で発見。いや、人を勝手に共犯にしようとしないでください。
……といったところで、ここからシリアスモード。ECOタウンの真実が語られます。ちょっと長いですが、丸々引用します。

091210_06.jpg
……ふう。こんなことになっていたとは。クジラ岩って、いったい何なんでしょうね。そういえば、エミルドラゴンも望んでいたわけじゃあなかったんですよね、確か。これはもしや、SAGA14で語られるという世界の真実に関係があるのでは?

尚、ハーシェルさんはこの後、ここでクジラ岩に関する情報を教えてくれる役に就きます。他のルートを選択すると教えてくれないので、各アカウントごとに一人はルルイエルートを通っておくと楽かもしれません。


それはともかく、情報も仕入れましたのでレジスタンス本部に一旦帰還。すでにタイタス含めた全員が集合していました。

091210_07.jpg
早速タイタスにECOタウンの事を聞いてみます。タイタニアって、基本的に事なかれ主義なんですねー。しかしエミル君、ここでもなにやら忘れているようで……主人公体質ですのう。

091210_08.jpg
そして明らかになる驚愕の事実! 堅物タイタス君の父親が、あのスケベキザ親父だとはねえ。意外なような、妙に納得できるような。しかしタイタス君、家族には苦労しているんですねえ。

091210_09.jpg
この後、ECOタウンに行く方法とクジラ岩の謎を解く為、各自で情報を収集すべく一旦解散。お話はSAGA10へと続くわけです。


マーシャルートに比べて、こちらは攻略要素こそ薄いものの、その分今後のSAGAにも影響しそうな重要情報がいっぱい出るのが特徴的ですね。是非とも一度はやられることをお勧めします。

ともあれ、これで残りはベリアルルートのみ。ただこのルート、戦闘があるとかで……果たしてクリアできるのか? まあチャレンジはしてみますけどね。


といったところで、本日はこれにてですよ。


posted by KREUTZER at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | エミル・クロニクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。