0704090003.gif

このBlogは、管理人・クロイツェルの、ガンホーの
ハートフルオンラインRPG・エミルクロニクル
における色々な色々を、気の向くままに
書いてみようかな、とまあそういうページです。

メールアドレス変わりました。よろしくー!


(C)2006 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc.,/HEADLOCK Inc.,
このページ内におけるECOから転載された全てのコンテンツの
著作権につきましては、株式会社ブロッコリーと
ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
および株式会社ヘッドロックに帰属します。
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用
(再転載・配布など)は、禁止しています。

ご連絡はこちらまで〜 kreutzer000@jcom.home.ne.jp

2010年09月03日

庭好きのための行進曲・第二楽章

色々やってて相変わらずECOに入ってないクロイツェルです、こんばんは。まあネタ切れ起こしてるんで、来週までには入りますけどねー。ブログやってるとこういう効能もあるのですw

さて、情報。来る9月11日(土)の22:30より、フリージアサーバはダウンタウン闘技場にて、110武器パートナーによるバトルイベント「ベストパートナーグランプリ」が開かれます。
主催はおなじみながれ星さん。詳しくは、リンク先をご参照くださいませ。
私は110武器は持ってませんし当分入手する予定もありませんが、できれば見に行くのは行きたいですねー。


では本題。今回は前回の続き、「Sky Lagoon」レポートの後編でございます。

 
100902_air.jpg
後半トップバッターは「Air〜和心を君に〜」。
以前「GARDENS」の際に同名のお庭を紹介しましたが、こちらとは庭主さんが共通しております。前回は高台の上に本殿という形でしたが、今回は鳥居を並べた先に本殿があるタイプですねー。鳥居の赤とかがり火の炎が、なんとも幽玄な世界を作り出していますね。余談ながら、「神社補正」込みでおみくじキャンディ他を売ってましたが……補正かかりすぎですよ、99M均一ってのはw


100902_kissa.jpg
続きましては「喫茶タイニー出張版『花火大会』」。
サマーナイトカーニバルくじの「打ち上げ花火装置」を使ったお庭ですね。屋台や出張店舗が出ていたりして、いかにも花火大会な雰囲気がばっちりです。高い建物がないので、花火も見やすくてよかったです。いつでも花火大会が楽しめるのはいいですねえ。


100902_hishochi.jpg
お次は「こっそり避暑地」。
ウォーターガーデン+木の陸地の組み合わせは、涼しげでいいですねー。バーベキューされてる魚とか亀に引かれたハングリーちゃんとか、楽しい小ネタがいっぱいあるお庭です。個人的にはスイカをほおばるラタトスクがツボりましたw


100902_hiyoko.jpg
続いて「銭湯ひよこ湯」です。
その名の通り、ココッコーたちがいっぱいいる銭湯です。ココッコーと入る温泉は癒されそうですw ちゃんと男湯と女湯に分かれていたり、番台がしつらえてあったりと芸が細かいお庭です。しかし一番凄いのは、ココッコーすべてに別々の名前がつけられていること! 庭主さんのひよこ愛にあふれたお庭でした。


100902_kyuukei.jpg
続きましてはそのものずばり、「休憩所」。
タイトルはシンプルですが、中身はしっかり作りこまれたフラワーガーデンです。低めの二階部分と花のエフェクトが素朴でさわやかな雰囲気を出しています。今回は真夏な雰囲気の庭が多かったですが、こちらは初夏の雰囲気を感じさせてくださいました。


100902_kyuukei.jpg
トリを飾りますのは「世界樹庭園の夜」。
樹を中心に、マジカルな雰囲気でまとめてらっしゃるお庭です。塔を思わせる本棚の配置が素敵ですねー。全体的に螺旋状に盛り上がっていく構造も見事です。あと、入り口そばの本を支えるココッコーがとっても可愛くて印象に残りましたw こちらでも打ち上げ花火装置を使用されていましたが、花火大会の方とはやはり雰囲気が大きく変わりますねえ。



さて、この後閉会式&表彰式だったんですが、なぜかSSを撮ってませんでした(^^; 疲れてたのかなー? というわけで、テキストにて結果のみ。

投票の結果、三位は「本棚のある家」「ネコマタ喫茶『不思議な樹』」「Air〜和心を君に〜」「銭湯ひよこ湯」の四庭が同数となりました。商品は一人分のみだったため、壮絶なじゃんけん勝負の結果「Air〜和心を君に〜」が権利をゲットいたしました。
二位は「木漏れ日公園」。今回多かった庭園庭の中で、頭一つ抜きん出た形となりました。
そして一位は、二位以下に大きく差をつけて「農家の日常」が勝ち取りました。おめでとう!
テーマの表現という面で、実に納得のいく優勝でした。

また、これに加えて審査員特別賞が「本棚のある家」「こっそり避暑地」「HOTEL『Thriller Bark』」の三庭に授与されました。こちらもおめでとうでした。


以上、ずいぶんと間が空きましたが、「Sky Lagoon」のレポートでした。やっぱり庭はいいですねえ。今回もいろんな工夫を目にすることができて、とても楽しかったです。次の機会にも、ぜひ見学したいですね。
え、参加ですか? 参加すると、他の人の庭見れなくなっちゃうしなあ(笑)。


といったところで、本日はこれにてです。


posted by KREUTZER at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | エミル・クロニクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。